数多くの種類があるLED!選ぶ際のポイントとは!?


サイズが合っていることが前提

照明として使用するLED電球には色々な種類がありますが、選ぶ際にはまずサイズが合っていることを確認しなければなりません。照明器具はLED電球を取り付けるソケットの大きさが異なり、正しいものでなければ取り付けることができません。したがってソケットに合っている口金のサイズを条件にして探していきます。

場所に合わせて選ぶ光が広がる角度

LED電球はおよそ140度と180度、240度という光の広がる角度で、大きく3パターンに分かれます。その度数が大きければ大きいほど光はより広い範囲に行き届きます。したがってリビングなど広い部屋には240度のタイプが適しています。そして光の角度が広いタイプは、狭いタイプを兼ねることができます。ただトイレや玄関のように狭いスペースだと、240度や180度のような広い角度はせっかくの性能が無駄になってしまう恐れがあります。そのため場所に合った選択をした方が良いです。

光の色は空間の雰囲気を変える

LED電球は、同じサイズと光の広がり方でも、複数の色が用意されていることが珍しくありません。そしてその色の選択次第では、室内の雰囲気が大きく異なります。代表的な色には家具や内装の色をストレートに伝えやすい昼白色や、温かみのある色、青みがかっていてすっきりとした色などがあります。それぞれの色によって価格が異なる場合があるため、あまりこだわりがなければ安さを重視しても問題はありません。けれどもし家具や内装などをしっかり選んでいる場合は、それを活かせる選択をした方が良いかもしれません。

LEDライトパネルは広告などの電子掲示板に使われます。遠くからでもはっきりと明るく見えるため宣伝効果が高いです。

Related Posts